1

 シロアリ防除システム

アリのイラスト

ヤマトシロアリは日本内地のどこの土壌にでも生息し、食料となる住宅や農産物など、有機質のほとんどに被害(食害)をもたらします。どのような建物でも食料があれば侵入し被害を与えます。私たちは長い間、安全、安心で、しかも効果がある薬剤や材料を選択して施工をしてまいりました。施工は皆同じではありませんので、当社の様々な工法をご紹介いたします。

 

 

 

 

薬剤処理法(従来からの一般工法)

木材に防蟻防腐効果のある薬剤を投与し、 土壌に防蟻剤を散布します。

 

維持管理型ベイト工法

地中埋設のトラップでシロアリを確認し 誘導しながら伝播薬剤で全滅させる工法です。

 

シート工法

新築時に防蟻防湿シートで土壌被膜し、 シロアリや湿気を遮断します。 シートJASの製品を使用、長期間の効果を維持します。
【アリダン施工・ターミダン施工・ガントナー工法各種】

 

コーキング工法(ベタ基礎の場合)

シロアリが侵入する箇所に防蟻剤を施し、 食害を防ぎます。

 ※防腐効果の高いプラグの併用を行う場合もあります。
 

物理バリア工法

防蟻剤を使用せずに、シロアリ被害を徹底的に防止します。
 

 

シロアリボタン